生命保険

生命保険の基礎知識

03

3つの基本形・2大機能
  • 生命保険の3つの基本形

    生命保険には、大きく分けて3つの基本形があります。

    1. ●死亡保険

      死亡した場合、保険金が支払われます。
      終身保険…一生涯の保障をするもの
      定期保険…保険期間を定めているもの

    2. ●生存給付保障

      生命保険は死亡した場合に保険金を受け取るものと思われがちですが、特定の疾病や症状になった際に生きているうちに保険金を受け取れます
      総合医療保険…入院・手術時の費用に備えるもの
      3大疾病保障保険…がん・心筋梗塞・脳卒中と死亡に備えるもの
      介護保障保険…要介護状態と死亡に備えるもの

    3. ●資産形成

      生命保険は将来的に必要になるであろうお金をライフイベントの発生する時期や目的に合わせて少しずつ準備していくための手段にもなります。
      年金保険…計画的に将来必要な資金を準備できるもの
      学資保険…お子さまの大学の教育資金等に備えるもの

  • 生命保険の2大機能

    1. ●保障機能

      生命保険会社の使命とも言える機能です。お客様から保険料をお預かりし、万が一のことが起きたときに保険金・給付金をお支払いする機能です。

    2. ●資産運用機能

      生命保険会社は、お客様からお預かりした保険料を運用マーケットに投資し、お客様に配当金や保険金としてお支払いしています。これが資産運用機能であり、生命保険会社は機関投資家としての側面をもっています。