部門紹介

リーテイル部門

約161兆円という日本生命の保有契約高の中核を担っているのが、個人のお客様に保険を提供するリーテイル部門です。個人保険の役割は、以下の大きく3つに分けられます。

  • 遺族の生活費など死亡リスクへの保障
  • 医療費など生存する上でのリスクへの保障
  • 年金などの安定した老後生活へのサポート

この役割を軸に、約5万名の営業職員や、約1.7万の代理店といった営業フロントが販売窓口となって、約1,180万名の方にご契約いただいています。そして、多くのお客様からの声をもとに、商品開発セクションがニーズに適した保険商品を開発し、企画・販売促進のセクションで練り上げられた販売戦略にもとづいて、営業フロントは新たな安心と保障をお客様にお届けしているのです。

この部門に関連する職員たち

総合職

営業総合職

エリア総合職

法人職域ファイナンシャルコーディネーター

※職員の役職所属先は、取材当初のものです。

部門紹介INDEXへ戻る