部門紹介

資産運用部門

お客様からお預かりした約66兆円(日本生命単体)の資産を有する国内最大級の機関投資家として、長期・安定的にお客様の利益につながり、かつ生命保険事業の高い社会性・公共性に鑑みた、広く社会の役に立てる資産運用に努めているのが、資産運用部門です。
資産運用部門の業務は、おおよそ次のような流れで進みます。

  • 保有する保険契約の負債特性を分析
  • 経済環境のマクロ的な予測や中長期的な市場見通しに基づき、基準となるポートフォリオを策定
  • 投資環境の変化に応じて適宜アセットアロケーション(資産分配)を実施
  • その資産を各セクションが実際に運用

また、国内外の債券、株式、融資、不動産などへの投資により、経済の活性化を支えています。

この部門に関連する職員たち

総合職

エリア総合職

※職員の役職所属先は、取材当初のものです。

部門紹介INDEXへ戻る