CAREER PATH

私のキャリアパス

法人職域ファイナンシャルコーディネーター

東海法人市場部 名古屋法人市場一課

平田 笑子

2012年入社 教育学部卒

img
  • 2012

    2014

    東海法人市場部 自動車関連企業を担当

    入社から2カ月間、研修を受けた後、自動車関連企業を担当。担当企業を訪問し、アポイントを取り、保険のコンサルティング活動を行う。ほかにも中小企業の新規開拓、経営者向けの保険の提案なども実施し、取引先企業を開拓する活動にも積極的に携わった。

    EPISODE

    エピソード

    仕事を始めた当初は「私は保険のプロなのだから」と気負い過ぎていました。保険のご提案をする時もこの年齢、この家族構成ならばこの保険――と詳細なプランを作成していたのですが、ある時お客様から「一緒に考えさせてほしい」と言われたのです。そのお客様はご自身の入院などに対する備え以上に、万一の時、ご家族が困らないよう、まとまった金額を残したいというご希望がありました。でも私はお客様が保険に何を求めていらっしゃるのかをうかがわず、一方的にプランを押しつけていたことに気がついたのです。まずはお客様に“信頼される”ことが必要なのだと、その後の営業スタイルが大きく変わった出来事でした。

  • 2015

    2016

    ライフプラザ名古屋にて、窓口やコールセンターなどを担当

    ライフプラザに配属され、ご来店されたお客様に対する相談業務や各種手続きを担当。そのほかコールセンターでの各種手続きや相談業務も行う。さらにお客様のご自宅への訪問活動を通して、保険の点検やアフターフォロー、事務手続きなども担う。

    EPISODE

    エピソード

    職域営業をしていた時は、ご契約という保険の“入口”に数多く立ち会わせていただきましたが、保険のお支払いなど、“その後”に関わらせていただくことは決して多くありませんでした。ライフプラザには様々な手続きのためにお客様がご来店されます。対応させていただくと「ありがとう、保険に入っていて良かったよ」と感謝の言葉を頂戴することが多くありました。度々いただく「ありがとう」の言葉に、改めて自分のやっている仕事の責任の重みを感じるようになりました。形の見えない保険が形となり、人々の想いに包まれる場に立ち会えたことはその後につながるいい機会になったと思っています。

    img
  • 2016

    現在

    東海法人市場部 アシスタントリーダー、法人職域リーダーとなる

    ライフプラザを経て、支社勤務となる。配属当初はアシスタントリーダーとして3名の部下のマネジメントを担当。その後、法人職域リーダーに昇格した。

    EPISODE

    エピソード

    アシスタントリーダーとして、年齢や経験も様々な3名を担当することになりました。最初、チームはまとまりがなく、よそよそしい感じでした。私も初めてのリーダー経験だったので、右も左もよくわからず、戸惑いました。そこでチームをまとめるため、まずは自分が率先して動く姿を見せることが大切だと考えました。営業に同行し、実際にやってみせる−−そうすることにより、チームの成績も上向きになり、皆で一つの目標に向かってやっていこうとする雰囲気が出てきたのです。それぞれが相手のことを思いやり、助け合う、それを実践するうちに、気がつけばそれぞれが仲間や家族のように思いあえる環境になっていました。これからも常に前向きに、部下のお手本になるような法人職域リーダーとなれるよう、精進していきたいと思います。

※所属・役職や業績・カリキュラム等は全て取材当時のものです。