KEYWORDS

スキルアップ

エリア業務職として、ビジネスプロフェッショナルとして、
どんな成長ができるのか紹介します。

  • 相手を理解し受入れられるようになりました

    この仕事はお客様をはじめ支社や営業部のいろいろな人たちと関わりますから、多様な考え方に最初は戸惑いました。しかし「違いがあることは当たり前」だと捉えてからは、相手の考えを理解し、受け入れることができるようになり、前向きな気持ちでコミュニケーションを取ることができています。

    徳島支社
    来店・サポートチーム

    長谷 真理子

  • 頼りにされる存在になりました

    入社以来、OJTを中心に事務手続きに関する様々な知識を身に付けてきました。今では、営業職員から問合せがあったときには、その知識を活かして、個々の職員の状況に応じた解決策を提示できるようになり、「あなたに聞いておけば安心してお客様対応ができる」と頼りにされるようになりました。

    京都西支社
    拠点サポートチーム

    髙須賀 友紀子

  • 主体的に行動できるようになりました

    たくさんの部署で経験を積み、様々な知識を取得したことで自分に自信がつき、業務改善についても自分ごととして考え、「こうした方がより良くなるのでは?」と主体的に仕事に関われるようになりました。

    支払サービス部
    給付金グループ

    南埜 佑紀

  • 既存の枠にとらわれずに物事を考えられるようになりました

    これまで社内外問わず多くの人と一緒に仕事をしたことで、様々な考え方や物事の捉え方があることを知り視野が広がりました。同時に自分だけでは思いつかなかったアイデアや解決策を見つけること、またそれが新しい企画につながる面白さを感じています。

    企業保険契約部
    企業年金グループ 

    安江 英子

  • 後輩の目標となる存在になれました

    これまで「ワークライフバランス」を図りながら、キャリアアップも含め育児との両立に取り組んできたことで、後輩から目標とする先輩として名前をあげてもらえた時、頑張ってきてよかったなと思いました。少しでも後輩が続く道を築いていくことが、私にとって大切なやりがいのひとつです。

    支払サービス部
    給付金グループ

    山本 はるか